のぼり基本情報局

目立つのぼりを作るための工夫についてです。色使いを考えたり、出す時間帯、季節などを考えて作ると良いものができます。

RSS 2.0

週末のぼり旗で来店効果アップ!

週末のぼり旗という言葉をご存知でしょうか。

週末のぼり旗というのは、週末だけ別ののぼり旗を立てるというものです。

こののぼりの立て方と実際の例を挙げておきますので参考にしてください。

【週末のぼり旗で集客アップ】

お店を営業している人ならよくわかると思いますが、お客さんの層は平日と休日(週末)ではかなり違いますよね。

もちろん、お店を出している場所にもよりますが、平日と週末では何らかの違いがあることに気づきます。

平日と週末は別ののぼりを出して、集客をさらにアップしようというのが週末のぼり旗の狙いです。

【週末のぼり旗の使い方】

例えば観光地や幹線道路沿いにあるお店は平日は地元の客、週末は観光客が訪れることが多いです。

そんなお店に平日は「そば」や「うどん」というだけののぼりを出し、週末は「〇〇名物そば」「〇〇産うどん」といったのぼりを出すと、ここでしか食べられないものと認識され、観光客が来店します。

週末は外国人観光客が多いお店だと、週末だけ外国語ののぼりを出すということもできます。

▶期間限定イベントでものぼりが活躍!今年も秩父鉄道「SLガリガリ君エクスプレス2016」が開催!ガリガリ君とSLが夢のコラボ

【客層に合わせてのぼりをチェンジ】

ずっと同じのぼりを出したままよりも、その時々でのぼりを変えて出してみるとまた人の興味をひき、来店が増えます。

のぼりはあまり見られていないようで、実は一番よく見られているものなので、何かのタイミングでチェンジされているとかえって目立ち、興味をひきます。

あのお店、行ってみようかという気持ちになるので、自然と来店客数も増えるのです。

OFF
admin01