のぼり基本情報局

目立つのぼりを作るための工夫についてです。色使いを考えたり、出す時間帯、季節などを考えて作ると良いものができます。

RSS 2.0

サイズ別ののぼりと効果について

のぼりにはいくつかの種類があって、大きさも違います。

それぞれののぼりによって使い方が違いますので、うまく使い分けて効果的に宣伝、広告を行いましょう。

それぞれののぼりの使い方をまとめています。

【レギュラーサイズののぼりの使い方】

レギュラーサイズののぼりは、多くのお店の外に立てられているものです。

旗に印刷されているメッセージなどが良く見えるように設置し、通りかかる人の視線に合わせた高さにするのが良いでしょう。

通常、お店の開店から閉店まで外に立てかけて使用するものです。

【大型のぼりの使い方】

のぼりには大きいサイズのものもありますが、設置スペースを考えないと単に邪魔なものになってしまいますので注意しましょう。

十分な設置スペースがあれば、大型のぼりはかなり迫力があって目立つので、郊外の道沿いなどに立てるのにはぴったりだと言えます。

【ミニのぼりの使い方】

のぼりにはミニサイズのものもあり、これはたいてい屋内に設置します。

テーブルやカウンター上といった、視線が止まる場所に置くのがベストで、ミニのぼりはそのために作られたものとも言えるでしょう。

視線が近いのでしっかりと内容を見てもらえますし、大きさがかわいいのでそのテーブルやカウンターに座った人は必ず見てくれるというメリットがあります。

これを一番宣伝したいという内容をミニのぼりにして設置すると良い効果が期待できるでしょう。

これら3つののぼりは、ほとんどののぼり制作会社で作成可能です。

デザインも既製からオリジナルのものまで対応してもらえます。

OFF
admin01